この船で航海に出る

VOYAGE SHIP

僕らが旅するこの船は、オープンでフラット。今日も明日も全速前進。

仕掛け

VOYAGE GROUPではオフィスのことをSHIPと呼びます。SHIPにはコミュニケーションを活性させる仕掛けを存分に散りばめています。執務スペースには「デッキ」と呼ばれるコミュニケーションスペースがあり、軽いミーティングなど多くのクルーに活用されています。ドリンクや雑誌・新聞などもこのスペースに集約されているので、自然と人が集まり、コミュニケーションが生まれます。社長室はガラス張りで、会議などが行われていない通常時はドアは開放されています。AJITOが出迎える来客用フロアは航海の場をイメージ、各会議室の内装は経営理念を体現しています。内装について説明をしながら、経営理念についても語ることができるという仕掛けです。こうしたオフィス設計の背景には、「セレンディピティ」を大事にするという考えがあります。クルー同士、またお客さまも含めたコミュニケーションを活性させることで、思わぬ発見をし、新たな価値を生み出すきっかけを誘発しています。