餅は餅屋、ということで…。

技術力評価会/クリエイティブ評価会

実績・能力・CCFBという3つの軸で評価を行うのがVOYAGE GROUP流。中でも「能力」は、エンジニアやデザイナーなどの技術者の場合、技術者にしかわからないことがある。だから特別に事業部の垣根を越えて、技術者が技術者の能力を評価する仕組みを設置。なによりも重視されるのは納得感。評価ってそれだけ大事なものだから。

仕掛け

事業責任者は、スキルが発揮された結果の「実績」については正しく評価できます。しかし、責任者が技術者ではない場合は技術者の「能力」を正しく評価するのは難しいと思います。そこで技術者の能力を技術者が評価する「技術料評価会」「クリエイティブ評価会」が生まれました。評価されるクルーは、事前に対象プロジェクトの目的やそのプロジェクトの要件・制約、更にはソースコードや仕様書、システム図などの成果物を準備し、公開します。

その後、レビューが行われ、その場で評価されるクルーは評価者に対して、自身の成果を説明。工夫した点や、現状残っている課題への対策などを伝えていきます。評価者は適宜質問を行い、最終的な評価結果をCTOに提出します。後日、評価されるクルーはCTOより、総評と評価軸ごとの点数およびコメントをフィードバックされます。ここでいう評価軸は、表現力と改善力とに分けられた5項目になります。