それぞれのタイミングでちょうどいい研修を。

各種研修

なにからなにまで研修という形式で、学びを強要することはしたくない。でも最初に知っておきたいことは当然ある。そして、適切なタイミングで学びたいことも出てくる。必要最低限。ちょうどいい研修がちょうどいい。

仕掛け

■新卒向け研修制度

新卒の時に受ける研修って、やっぱり大事。VOYAGE GROUPでは、できるだけ「研修」という形をとらずに、実践型での学びを推奨しています。しかし、新卒入社クルーに対し、最初に行っておくべき最低限の研修はしっかりと設けています。そのラインナップは、内定者研修に始まり、入社時研修、1年目フォローアップ研修、2年目研修となり、定期的な成長機会を設けています。

■中途向け研修制度

中途入社してから受ける研修って、意外と大事。VOYAGE GROUPでは、できるだけ「研修」という形をとらずに、実践型での学びを推奨しています。しかし、中途入社クルーに対し、最初に行っておくべき最低限の研修はしっかりと設けています。入社時評価制度説明会の他に、代表自らによる「 VOYAGE GROUP’s history研修」などがその代表例になります。

■全社向け研修制度

全社で受ける研修は、さすがに大事。VOYAGE GROUPでは、できるだけ「研修」という形をとらずに、実践型での学びを推奨しています。しかし、全社クルーに対し、行っておくべき最低限の研修はしっかりと設けています。物事の見方を変化させることで、人と組織の成長プロセスを促進させる「パラダイムシフトトレーニング研修(PST研修)」やサービスを提供する一企業として必要不可欠な法的知識を学ぶ「コンプライアンス研修」。そのほかにも「OJT研修」や「新任リーダー研修」など、新たなミッションを任されたタイミングでの研修も行っております。