インターンシップサイト

お互いの意見を尊重しながら、
チームとして進んでいくことの大切さを痛感

ISHIKAWA RIHO

石川 梨穂

VOYAGE GROUPのことは、大学の先輩から話を聞いて知っていて、それで興味を持ち、5月に無人島インターンシップIslandに参加しました。Islandは、本当に楽しくてあっという間に時間が過ぎてしまったという印象ですが、濃い時間でした。でもIslandは1日だけだったので、もう少し長い1週間のインターンにも参加したいなという気持ちもあり、Frontierにも挑戦したんです。私は特別webの知識もなく、気持ちだけで来ました!って感じだったのでFrontierでは苦労もしました。自信もなく、最初はあまり自分の意見も言えなくて。ただ周りのメンバーと一緒に議論を進めていく中で、もっと互いに意見をぶつけ合おうという環境が生まれてきて、私も積極的に意見を言えるようになっていきました。

そうすることで、自分も含めて、周りのメンバーもますます活発になり良い議論ができ、最後まで走り抜くことができました。周りの意見を尊重し合いながらチームとして進んでいくことの大切さを痛感した経験でした。また、事業開発の面では「逆算して考える」ことを学べたと思っています。当たり前ですが、ただこんな事業を創りたいというだけではダメでしっかりビジネスとして考えた上で、事業やサービスを設計していくことを学べました。私は、夏の同時期には他社のインターンにも、幾つか参加しましたが同じIT系のインターンシップでもそれぞれの企業によってカルチャーが全然違うことを知りました。Frontierに参加して、やっぱりサービスを創っていくことを仕事にしていきたい!こういう人たちと働いていきたい!!という環境面での軸が固まりました!

年々インターンを行う会社は増えてきていますし、時期も夏だけではなく秋にも行われたりと、参加する機会は増えてると思います。やりたいことがないからと動かないのではなく、やりたいことが決まってなくても色んなインターンに参加することで、感じれたり気づけたりすることがあると思います。今だからこそ得られるチャンス、それを逃さないように!!参加を諦める必要なんてどこにもないですよ。

先輩インタビュー