インターンシップサイト

参加してみて、
めちゃくちゃ楽しかったというのが正直な感想

FUJIMOTO REI

藤本 礼

Frontierは夏前に「面白い インターン」でググって、見つけて応募しました。最初は軽い気持ちで選考を受けたんですが、落選してしまったんです。ただ、選考の途中で出会った社員の方々がとても魅力的だったこともありしっかり準備して臨むべきだったと後悔してたんです。そしたら冬にもFrontierがあるということを知ったんでリベンジの想いでもう一度選考に挑みました。

参加してみて、めちゃくちゃ楽しかったというのが正直な感想です。結果は3位だったんで、すごく悔しかったし、 なかなか事業案が出せなかったり、チームで衝突してしまったりと苦しい時間も多かったんですが、そういうのも含めて楽しかったと思っています。やっぱり1dayとか3dayのインターンとは違い時間的にも1週間というは長くて濃くて、とても充実したものでした。本気で挑み続けたので、部活かって感じでしたね(笑)僕はもともとプログラムを書いたりしていて、動くもの、形に残るものを創ることは好きだったんですがFrontierに参加してみて、サービスや事業を創るということも形のないものだけど、「もの創り」であって、この「もの創り」もめちゃくちゃ面白いんだなってことを初めて知ることができました。

あと、2日目か3日目の夜に、メンバーの1人と最後残って作業していたんですけどその時に、社員の方も残ってくださっていて、そこでサービスの話をしたりIOTのプロダクトを実際に弄ってみたりしたんですが、WEBの未来を感じてワクワクしたのも凄く覚えています。Frontierで得たことは本当にたくさんありますが一緒に参加してた学生との出会いも大きな1つです。自分のチームメンバーだけでなく、他チームのメンバーとも仲良くなれて、今でもよく会って飲みに行ったりしてます。近況報告とかしたりして、刺激し合ってますよ。

先輩インタビュー