インターンシップサイト

フルコミットし、
駆け抜けたからこそ感じられた特別な想い

IZUMI MASAHIKO

泉 雅彦

大学の先輩から聞いて、VOYAGE GROUPのことは知ってました。そして、インターンシップとしては最初にIslandに参加したんです。これが凄く楽しくて、何よりいい大人が真面目にバカなことできる会社だとか尖ったオフィスで活き活き働いている人が多い会社といった印象を持ちました。そんな会社が、ガチでやってるエンジニア向けのインターンシップがあると聞いて絶対に参加したいと思ったのがTreasureです。他の会社のインターンシップにも幾つか参加したんですが、中でもTreasureは特に濃い内容でした。1週間だとあっという間なので、3週間あるってのも嬉しいところです。事前課題や座学を通しての学びも多かったですし、チーム戦もみんなで楽しく開発することが出来ました。

そして何より、社員の方々がチームだけではなく個人個人までしっかりと見てくれていた印象が強く残っています。途中で個人面談までしてくれて、たくさん面倒を見て頂けたなと思ってます。そんなこともあってか、最終日に泣いちゃったんですよね。今まで、そんなにすぐ泣いたりなんか絶対にしないタイプだったんですけど、悲しさや悔しさ、やりきった達成感に、もう終わってしまう寂しさ、色んなものが混ざり合った訳わかんない状態になっちゃって…。これまでの人生の中で、これだけコミットし続けた経験がなかったので、それだけ駆け抜けられたからこそ、言葉にできない特別な想いを感じることができたのかなと。Treasureが終わってからも、チーム内やサポーターの方々とも絡む機会は多く開発も続けたりして、自分自身大きく成長できたことも良かったと思います。是非、多くの方に同じような挑戦をしてもらいたいなと思っています。

先輩インタビュー