プレスリリース

PRESS RELEASE

VOYAGE GROUP、カウンティア社と合弁で、仮想通貨関連事業を展開する新会社設立

株式会社VOYAGE GROUP
VOYAGE GROUP、カウンティア社と合弁で、仮想通貨関連事業を展開する新会社設立
~カウンティアバンク株式会社を設立し、来夏に仮想通貨ウォレットサービスを開始予定~


株式会社VOYAGE GROUP(東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:宇佐美 進典、以下「VOYAGE GROUP」)は、技術を駆使した金融事業を展開するカウンティア株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:姥貝 賢次、以下:カウンティア)と合弁で、仮想通貨関連事業を展開するカウンティアバンク株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:姥貝 賢次、以下:カウンティアバンク)を、2017年11月22日付けで設立いたしました。尚、出資比率は、カウンティアが61%、VOYAGE GROUPが39%となります。カウンティアバンクでは、両社の強みを活かし、仮想通貨ウォレットサービスを開発し、来夏を目処にサービスを開始する予定です。

VOYAGE GROUPではこれまで、インキュベーション事業における強化領域としてFinTech領域に取り組み、bitcoin交換や確定拠出年金向け匿名SNS「Monday α版」などの自社サービスの運営、株式会社VOYAGE VENTURESや投資ファンド「SV-FINTECH1号投資事業有限責任組合」(通称「SV-FINTECH Fund」)を通じたFinTech関連企業への投資を行ってまいりました。

近年、bitcoinをはじめとした仮想通貨取引は急拡大をしており、日本国内においては資金決済法の改正により仮想通貨の法的な位置付けが明確化され、世界的にみても制度面での整備が進んできています。また最近では、ICO(Initial Coin Offerging)と呼ばれる、独自の仮想通貨を発行/販売し、巨額の資金を調達する事例も出てくるなど、ますます活況を呈しています。

今回、新たに設立したカウンティアバンクでは、これまでにVOYAGE GROUPが培ったインターネットマーケティングやサイト運営のノウハウ、FinTech領域での知見、そしてカウンティアの持つ高度な金融知識とブロックチェーンの技術を活かし、仮想通貨関連事業を展開してまいります。具体的には、来夏には仮想通貨ウォレットサービスを開発し、提供することを目指します。

カウンティアバンク株式会社(新会社)概要

代表取締役
姥貝 賢次
取締役
宇佐美 進典/丹野 修一
設立
2017年11月22日
資本金
6,000万円(資本準備金含む)
所在地
東京都渋谷区渋谷1-4-8
事業内容
仮想通貨関連事業
URL
https://countirbank.jp/
■カウンティア株式会社について
https://countir.jp/ 
代表取締役:姥貝 賢次
設立:2015年3月3日
資本金:1,000万円(資本準備金含む)
所在地:東京都渋谷区渋谷1-4-8
事業内容:財務戦略/高度先端システムの研究開発
株式会社VOYAGE GROUP
https://voyagegroup.com/
代表取締役社長兼CEO
宇佐美 進典
設立
1999年10月8日
資本金
10億5,900万円(2017年9月末時点)
所在地
東京都渋谷区神泉町8-16 渋谷ファーストプレイス8階
事業内容
アドプラットフォーム事業/ポイントメディア事業/インキュベーション事業
所属団体
一般社団法人日本ブロックチェーン協会(JBA)、日本インターネットポイント協議会(JIPC)