プレスリリース

PRESS RELEASE

GUN FIRE、日本の城をテーマとした爆破モードの新マップ「反魂城」登場!新装具12種も公開!

株式会社VOYAGE SYNC GAMES
GUN FIRE、日本の城をテーマとした爆破モードの新マップ「反魂城」登場!新装具12種も公開!
~「ローグセット」や「雪の妖精セット」で怪盗や雪の妖精に変身して楽しめる~


株式会社VOYAGE GROUP(東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:宇佐美 進典、以下「VOYAGE GROUP」)の連結子会社で、海外のスマートフォン向けゲームのパブリッシング事業を展開する株式会社VOYAGE SYNC GAMES(東京都渋谷区、代表取締役:岡庭 嵩、読み:ボヤージュシンクゲームス、以下「VSG」)と、韓国でiOS・Android向けゲーム開発を行うSelvas社は、爽快フル3Dガンシューティングゲーム「GUN FIRE」(ガンファイア)において、2018年1月30日、日本の城をテーマとした新マップ「反魂城(はんごんじょう)」と、怪盗や雪の妖精などに変身できる新装具12種を公開いたします。ユーザーは、爆破モードの新マップ「反魂城」で熱いバトルを繰り広げ、さらに「ローグセット」や「雪の妖精セット」「バニーセット」などの新装備で怪盗や雪の妖精、バニーなどに変身して愉しむことができます。

新マップ「反魂城」

ラグラシティの郊外で発見された「反魂城」。その呼び名からするとウォーカーと関係があるように思えるが・・・。
「反魂城」は、爆破モードの新マップです。城内は日本の城を彷彿とさせる迷路のような構造になっています。戦闘は、籠城戦で、防御側と攻撃側に分かれて戦います。攻撃側は、特定のポイントA/Bに爆弾を設置し、爆破すると勝利。防御側は、爆破を阻止します。また、双方敵チームを全滅させても勝利となります。

12種の新装備

バニーセット(3種類)/段ボールセット(3種類)/ローグセット(3種類)/雪の妖精セット(3種類)の12種類です。

バニーセット

段ボールセット

ローグセット

雪の妖精セット



爽快フル3Dガンシューティングゲーム「GUN FIRE」

■対応OS:AppStore(iOS)/GooglePlay(Android)
■公式サイト:https://gunfire.voyagesyncgames.com/
■LINE@公式アカウント:https://line.me/R/ti/p/%40xoa6981p
■Twitter公式アカウント:https://twitter.com/gunfire_jp
■iOS:http://apple.co/2eSWkBi
■GooglePlay:http://bit.ly/2gMMC1O
■プロモーションムービー:http://bit.ly/2vORzwJ
■ゲームシステム紹介ムービー:http://bit.ly/2u3TRWt

「GUN FIRE」ストーリー

21世紀初頭。国連管理の元で細菌兵器等を手掛ける軍需企業であった「NOVA社」。だが、真の姿は史上最凶のバイオテロ組織であった。NOVA社が開発したDX-ウイルスは、1000万人を超える市民が集う「ラグラシティ」の街中に散布され、市民はDX-ウイルスに感染し、異形の怪物”ウォーカー”と化した。DX-ウイルスは、監禁状態である国連所属の世界中の優秀な科学者らにより開発をされており、ワクチンの開発は彼らにしかできない。彼らを助け出しNOVA社を壊滅させるべく、国連管轄下の対テロ組織特殊部隊「ファントム」を現地に派遣する。その頃、別任務実行中の事故で記憶を失ったファントムの長「ルイス」が療養中の「CODセンター」で目覚める。記憶が戻らず万全の状態ではないが、先行してNOVA社への潜入作戦に入っていた「ファントム」に合流するが、先行調査結果でNOVA社がDX-ウイルスを上回る凶悪新型ウイルスを開発している可能性があることを知る。
株式会社VOYAGE SYNC GAMES
http://voyagesyncgames.com/
所在地
東京都渋谷区神泉町8-16渋谷ファーストプレイス8階
設立
2014年8月19日
代表取締役
岡庭 嵩
資本金
3,000万円(株式会社VOYAGE GROUP80% / 株式会社SYNC GAMES20%)
事業内容
ゲームパブリッシング事業