プレスリリース

PRESS RELEASE

Zucks 、国内最大のアドフラウド対策ツール「SpiderAF」を導入し、「SBL MEMBERS」に参画~各社でブラックリスト「SHARED BLACKLIST」を共有し、参画企業一丸となってアドフラウドを撲滅~

株式会社Zucks
株式会社VOYAGE GROUP(東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:宇佐美 進典)の連結子会社で、スマートフォンやタブレット端末を含むモバイル関連事業を展開する株式会社Zucks(読み:ザックス、東京都渋谷区、代表取締役:西園 正志)は、アドフラウド対策を一層強化し、より透明性の高いサービスの提供を目指すため、株式会社Phybbit(東京都港区、代表取締役社長:大月 聡子)が提供する国内最大のアドフラウド対策ツール「SpiderAF」( https://spideraf.com/ )を導入しました。さらに、「SpiderAF」を導入し、自社のアドフラウド情報を共有することに賛同した事業者のみが共有できるブラックリスト「SHARED BLACKLIST」(シェアードブラックリスト、以下「SBL」)に参画し、今後、SBL加盟事業者からなるアドフラウド対策チーム「SBL MEMBERS」として、アドフラウド撲滅に取り組んでまいります。

近年、インターネット広告市場の拡大に伴い、自動化プログラム(bot)を利用した広告トラフィックや、スパムコンテンツを大量生成したりすることで、広告費用に対する成約件数や広告効果などを不正に水増しする広告詐欺 (アドフラウド)が問題となっています。

Zucksはこれまでも、不正と判定される事象の分析と排除に日々取り組み、外部ツールとの連携による不正検知の強化や、不正防止連合(The Coalition Against Ad Fraud)に参画するなど、アドフラウド対策を行ってまいりました。このたび、新たに参画したSBLは、各社で収集した情報を共有することで、不正・ブランド毀損サイト/アプリかどうか事前に確認することができる日本初の新しいアドフラウド対策です。 Zucksでは今後も、社内のみならず外部パートナーとの協力による不正対策をも積極的に進め、モバイル広告市場全体の発展に貢献してまいります。

株式会社Zucks
https://zucks.co.jp/
所在地
東京都渋谷区神泉町8-16渋谷ファーストプレイス8F
資本金
4,000万円(資本準備金2,000万円含む)
株主
株式会社VOYAGE GROUP 100%
設立
2011年4月1日
代表取締役
西園 正志
事業内容
スマートフォン向け成果報酬型広告事業
スマートフォン向けアドネットワーク事業
スマートフォン向けインターネットメディアの企画・運営