プレスリリース

KAIKETSU、SNSデータベース「SONAR」の機能拡充第3弾、Instagramアカウントの診断機能を追加

6つの重要指標別に、瞬時に4段階診断。より精度の高いPDCAサイクルを実現

株式会社KAIKETSU

株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社で、SNS・インフルエンサーマーケティング事業を展開する株式会社KAIKETSU(東京都渋谷区、代表取締役CTO:蓮見 友信)は、独自システムであるSNSデータベース「SONAR」(読み:ソナー)の機能拡充の第3弾として、Instagramアカウントの診断機能を追加しました。これにより「SONAR」では、Instagramアカウントを重要な6つの指標別に4段階で瞬時に診断し、より精度の高いPDCAサイクルを回すことができるようになりました。今後も「SONAR」では、様々なSNSデータの拡充、機能改善に取り組んでまいります。

■Instagram診断機能
Instagramのアカウントを、重要な6つの指標別に、A~Dの4段階で瞬時に診断します。アカウントを診断することで、アカウントの伸びている部分や伸び代がある部分などが可視化され、より最適な運用PDCAを回すことが可能です。
・重要な6つ指標
(1)インプ率(フィード):フィード平均インプレッションに対するフォロワー数の割合。
(2)インプ率(ストーリー):ストーリー平均インプレッションに対するフォロワー数の割合。
(3)フォロワー増加数/日:1日あたりのフォロワー増加数。
(4)保存数/日:1日あたりの投稿保存回数。
(5)プロフィール閲覧数/日:1日あたりアカウントトップの閲覧数。
(6)プロフィールクリック数/日:1日あたりアカウントプロフィールのURLクリック数。

昨今のインフルエンサーマーケティングでは、フォロワー数・いいね数・インプレッション数などが重要視されています。しかし、継続的にインフルエンサーマーケティングを運用していくためには、それらに加え、売上情報・口コミ・サイトアナリティクス・競合情報などのデータも活用し、改善に役立てていくことが重要です。 KAIKETSU社では今後も、SNS・インフルエンサーマーケティングにおける効果検証を追求し、「効果が見えない」「数値化できない」という、従来のSNS・インフルエンサーマーケティングの課題を解決いたします。そして、データに基づいた精度の高いPDCAサイクル回すことで、企業にとって最適なSNS・インフルエンサーマーケティング支援を提供してまいります。

■SNSデータベース「SONAR」について
SONAR」は、国内最大級10万人分のInstagramインフルエンサーをデータベース化し、自社に最適なインフルエンサーは誰なのかを分かりやすく見える化し、検索できるツールです。企業が狙うターゲット層にきちんと情報を届けるためには、まずは膨大なアカウント数の中から、最適なインフルエンサーを見つけ、選択することが重要です。「SONAR」では、最適なインフルエンサーを発見するため、投稿比率や投稿傾向エンゲージメントなどを分析し、インフルエンサーがどういう投稿をしてファンが増えているかなどをデータベース化しています。「SONAR」を活用することで、自社に最適なインフルエンサーを発見するとともに、「効果が見えない」「数値化できない」という従来のインフルエンサーマーケティングの課題を解決することも可能です。

株式会社KAIKETSU
https://kk2.co.jp/
代表取締役CTO
蓮見 友信
設立
2009年7月14日
資本金
1,000万円
所在地
東京都渋谷区道玄坂1-21-1 渋谷ソラスタ15階
事業内容
自社プロダクトの販売・運用・コンサル/インフルエンサーマーケティング支援/SNSマーケティング支援/タレントキャスティング/イベントディレクション/公式アカウント運用/各種キャンペーン企画・運用・分析

【報道関係者お問い合せ先】
株式会社CARTA HOLDINGS 広報室
お問い合わせフォーム: https://cartaholdings.co.jp/contact-pr/

【サービス導入等におけるお問合せ先】
株式会社KAIKETSU
TEL:03-6805-0642 FAX:03-6805-0643
問い合わせフォーム:https://kk2.co.jp/contact/

 

SHARE ON