プレスリリース

PRESS RELEASE

ECナビ、第2回新規商材開発会議「オクトパス」を開催

株式会社ECナビ
ECナビ、第2回新規商材開発会議「オクトパス」を開催
~「自ら創る」を楽しみながら、新規商材を積極的に開発~

株式会社ECナビ(東京都渋谷区、代表取締役CEO:宇佐美 進典、以下:ECナビ)は、2010年11月22日、第2回新規商材開発会議「オクトパス」を開催しました。「オクトパス」とは、4チームのチーム対抗で、対企業向けの新規サービスを創出する会議のことです。参加メンバーは通常、営業・営業管理・webディレクター・エンジニアなど様々な分野で活躍しています。ECナビ営業本部所属の NAVI CREW(ヨミ:ナビクルー。ECナビスタッフのこと)を中心に構成された1チーム5名前後のメンバーで、それぞれの得意分野を活かしながら新規商材を開発しました。オクトパスは今後、3カ月に1回のペースで開催される予定です。

当日は、チームごとに創出した新規商材発表会が16時から開催されました。審査員としてECナビ役員や事業本部長など4名が参加し、収益性や運用コスト、市場成長性など9項目について各チームの発表を評価しました。各チームに与えられたプレゼンテーション時間は10分で、時間内に新規商材の概要や商材のポイントなどについて説明します。その後、10分の質疑応答時間を経て、チー ムの発表時間は終了です。この発表をもとに第2回オクトパスの優勝チームが決定し、今後その案に改良を加え、ECナビの新商材として販売を開始する予定です。今回発表された案は、価格比較サイト「ECナビ」に関する商材やツイッターなどのSNSを活用した商材など、各チーム趣向をこらした商材を提案していました。

オクトパス主催 ECナビ 営業本部 本部長 白石英治

「オクトパス」という名称には、これから創出する新規商材が、私たちECナビ営業本部が扱う商材として「億に軽く届くように」=「億to Pass」という想いを込めました。今回で第2回目を迎えるオクトパスですが、第1回目終了後に多くの営業本部以外のメンバーから、「次回は自分も参加させて欲しい」という声をかけられ、営業本部という枠にとらわれずに様々な事業部から参加メンバーが集まりました。これはとても嬉しいことで、ECナビ全体として新しいことに挑戦し続けたいという想いの現れのように思います。また自分自身、このインターネット業界にいる総合職(※1)に必要なスキルは何なのかを日々考える中で、自分なりの結論として、「創造力=事業を創りだせる力」が必要という考えに行き着きました。営業という職種でもクリエイティブな仕事の仕方はあると思いますし、全ては自分次第だと思います。オクトパスを通してCREED(※2)の中の「自ら考え、自ら動く。」を実践し、「自ら創る」を楽しむ風土を会社全体に根付かせていきたいと思っています。

第2回オクトパス優勝チームリーダー ECナビ 営業本部 槇原慎悟

他部署のNAVI CREWと新規商材を創出するという一つの目標に向かって、かなり深く関わることができたことは、とても楽しく、多くのことを学ぶ機会となりました。他部署のチームメンバーは自分たち営業本部とは違った専門領域をもとにした視点を持っており、新規商材を開発するにあたりとても新鮮で、勉強になりました。また、オクトパス全体を通して営業職として新たな気づきがありました。自分たちがこれまでやっていた営業は、基本的には「決まった商材」を売りに行くというものでした。ですが商材というのは、「決まったもの」だけではなく、自分たち自身で「オリジナルのものも創り出すことが出来るのだ」ということを体感し、実践することができ、商材への考え方が「受動」から「能動」に変化したことを大きく感じています。今回学んだ新たな考え方や視点を、今後の営業活動でも活かしていきたいと思います。

ECナビには、新しいことに自ら挑戦し、新しいものを創造する文化があります。代表的なものが、毎年1月に開催される新規事業提案制度「EBI(ヨミ:エビ。ECNavi Business Innovation の略)」です。EBIとは、NAVI CREW自らの新規・次世代ビジネスのアイデアや経営の仕組みに関する提言を提案し、実現に結びつけるための制度です。「可能性の発掘」と「やる気」を大きく指示し、新規事業の創出を楽しみ、個人の意見や考えを反映させる場の提供をしています。これまでに、EBIのグランプリ作品「不思議なピクミー」が実際のサービスとしてリリースされています。


※1)Webエンジニアやデザイナー職に対しての総合職のことを指しています。
※2)CREEDとは、経営理念のうちECナビの価値観を示す以下の8項目のことです。
  挑戦し続ける。自ら考え、自ら動く。本質を追い求める。圧倒的スピード。仲間と事を成す。すべてに楽しさを。真っ直ぐに、誠実に。夢と志、そして情熱。
株式会社ECナビ
http://ecnavi.co.jp/
代表取締役CEO
宇佐美 進典(うさみ しんすけ)
所在地
東京都渋谷区神泉町8-16 渋谷ファーストプレイス4、7、8階
設立
1999年10月8日
資本金
3億7,262万円
主要株主
株式会社サイバーエージェント(東証マザーズ上場:4751)、宇佐美 進典、電通ドットコム
関連子会社
株式会社リサーチパネル、株式会社PeX、株式会社adingo、cybozu.net株式会社、株式会社リサーチパネルエイジア、株式会社リサーチパネルコリア、株式会社ジェネシックス、株式会社unigame、株式会社adingo search labs、株式会社ECナビコミュニケーションズ、中國易市網絡投資有限公司、网曦信息科技有限公司
事業内容
オンラインメディア事業、検索関連事業、ネットリサーチ事業