勉強会・登壇情報

SEMINAR

認定スクラムマスタ研修、スクラム上級コース、認定スクラムプロダクトオーナ研修

日時:
2014年10月23日 (木)~11月18日 (火)
場所:
VOYAGE GROUP 会議室 パンゲア
VOYAGE GROUPを会場として、認定スクラムマスタ研修、スクラム上級コース、認定スクラムプロダクトオーナ研修の各コースが開催されます!
 
開催日時:
 認定スクラムマスタ研修:2014年10/23 (木) – 10/24 (金) 10:00 – 18:00
 スクラム上級コース  :2014年11/04 (火) 10:00 – 18:00
 認定スクラムプロダクトオーナ研修:2014年11/17 (月) – 11/18 (火) 10:00 – 18:00
 
 
■認定スクラムマスタ研修(講師:ジム・コプリエン氏)
この2日間のセミナーは、スクラムマスタになりたい、もしくは、スクラムマスタになりたての人、チームメンバの人のために、ScrumとAgileのプラクティスの基礎を覚えてもらうよう設計されている。エクササイズを通して学んだことをチームに持ち帰れば、一般的なアジャイルの落とし穴を避けることができるだろう。
 
詳細、お申込みは http://www.jp.agilergo.com/#!csm-coplien-201410/c1w5k からどうぞ。
 
 
■スクラム上級コース(講師:ジム・コプリエン氏)
「Scrumは説明するのは簡単だが実践するのは難しい」――このセリフはもう100万回ぐらい聞いただろうか。手元の「Scrumできるかな?」リストは熟読した。これに従いさえすればScrumをうまくやれるはずだ。ところがScrumでも失敗はする。しかもその理由は必ずしも明白だとは限らない――死んだ当人には死因がわからないものだ。Scrumには50以上の組織パターンが含まれており、そのひとつひとつが実際にScrumをうまくやるために欠かせないのだ。パターンを知れば、Scrumを実践する上での問題を見つけ、それを治すことができる。本セッションではハンズオン形式でその方法をお伝えしよう。
 
詳細、お申込みは http://www.jp.agilergo.com/#!organizational-patterns/ct6t からどうぞ。
 
 
■認定スクラムプロダクトオーナ研修(講師:ジェフ・パットン氏)
 
ジェフ・パットン氏の考えるアジャイル時代の要件定義は、ビジネス・ユーザ中心設計・開発者 の3条件を揃えた "全部入り" のチームで行います。そのため、どの担当でも意図が分かり、かつ軽量に作成できるドキュメントを壁などを使って作り上げていきます。大事なのは共通理解。そして、より早くフィードバックを受け、プロダクトの方向性を修正していく「探索」にあります。
 
詳細、お申込みは http://www.jp.agilergo.com/#!cspo-patton-201411/cz4d からどうぞ。