クルーインタビュー

CREW INTERVIEW

学生さんとお話をすると、
就職活動で本当に苦しんでいるなと感じる

コンサルタント

中田 康侑

共に悩み、考え、乗り越えていくことがこの仕事のやりがい

VOYAGE GROUPのグループ会社である、就活支援事業の株式会社サポーターズに所属している私は、常にエンジニア志望の学生さんと関わる機会が多くなります。学生さんとお話をすると、就職活動で本当に苦しんでいるなと感じます。今まで人生と向き合う時間を多く取れていなかった学生さんもいらっしゃるので、長時間かけて一緒に、その学生さんの人生と向き合っていきます。1時間の長電話や学生との飲み会なんてしょっちゅうですし、中には私の家に泊めて語り合ったこともあります。一方で、企業さんも企業さんでうまく採用ができず困っていらっしゃる。採用についてのご相談も受け、コンサルティングすることも多くあるのですが、色々な苦労を乗り越えて、学生さんから「内定出ました!」という連絡や企業さんから「うまく採用できました!」というご報告をもらったとき、本当に心から嬉しく感じます。共に悩み、考え、乗り越えていく。一緒に喜び合う。こんなにやりがいを感じる仕事はないなと思います。

今後は最高の組織を創り上げられる人に

今後2年ほどはエンジニア支援の担当として、日本全国飛び回りながら学生・企業支援をしていきたいと考えています。でも2年も経てば、サポーターズは20~30名の組織になってくると思います。その時は、組織体制・仕組作り、及び会社の中長期戦略を考える、経営の舵取りを行える部門を立ち上げて責任者になりたいと考えています。最高戦略責任者(CSO)の部門を創れたらうれしいですね。

そのようにして、5年間はサポーターズに在籍しようと思っているのですが、その後はわかりません。5年後、中規模の組織になっていったときにさらに大きくする役目を担うのか、サポーターズの子会社を立ち上げて経営者になるのか、それとも他の企業、それも組織がガタガタの会社にジョインして立て直す役目を担うのか。5年後何やっているかは5年後の自分しかわからないと思いますが、最高の組織を創りあげられる人になりたいと、常に考えています。

一緒に働きたいのは誠実な人

VOYAGE GROUPでは、常に「誠実」というワードが飛び交います。売上も大事、利益も大事。でもまず人として、会社として誠実な行動を心がけようと常に話します。私も常に、どのようにすれば企業・学生に誠実に向き合えるか、どうすればもっともっと企業も学生も幸せになれるか、そのことばかりを考えますし、そのことをテーマによく議論をします。「誠実に、人のために」を第一に考える組織って、自然とお互いがお互いのために、という意識が強くなると思います。VOYAGE GROUPはとにかく、みんなで・協力してという姿勢が他社よりも強いので、その部分を強く持っている人と、一緒に働きたいなと感じます。