クルーインタビュー

CREW INTERVIEW

1人ではできないことも、
プロフェッショナルなメンバーとならできる

リーダー

山崎 一美

入社を決めた2つの決め手

入社の決め手は2つ有ります。1つは、古くからECナビユーザーであり、裏側を見たいと思ったこと。中学生の頃からWEBサービスが大好きでした。就活でWEB業界を視野に入れたのも、ヘビーユーズしていたサービスを運営する会社やその裏側について知れることが楽しかったからです。もう1つは、先に内定を決めていた同期と顔を合わせ「ここだ」と思ったこと。選考でお会いした社員の方が素敵だったのは、言うまでもなく、それ以上に同じタイミングでVGを選んだ同期の存在が、最後の決め手でした。個性が強く、頭がキレるかと思えばバカなことも大好きで、人生で出会ったことの無いタイプの集まりですが、今もこの人達に支えられています。自分の判断は間違っていなかった、と断言できます。

慣れない土地での一人での挑戦

3年目の数ヶ月間、地方にて短期常駐のため東京を離れていました。会社でもあまり前例がなく、上長から提案された時には深く考えず飛び込もうと思っていました。断る理由がなかったのです。常駐中は、親戚も友人も同僚も居ないので1人で頑張るしかなく、同僚が毎日何気なく交わすやりとりはキャッチアップできず、慣れない土地で生活することがそもそも難しかったのを覚えています。ただ少しずつ克服しながら、大切な学びを得ることが出来ました。会って話して初めて人間関係が生まれること、チームで仕事をする素晴らしさ、スピード感を意識する必要性。結論として、経験する道を選んで正解だったと思っています。「出来る出来ないじゃない、やるかやらないかだ。」ですね!

守りも攻めも兼務する部隊を牽引

現在は過去の営業経験を活かしつつ、取引先への収益支払業務や進行管理を行う裏方チームでリーダーを担っています。営業サポート全般を担当し、メンバー全員がプロフェッショナルです。営業が利益を獲りにいく攻めの部隊なら、私達はいかに効率を上げコストダウンで利益を生むかに全力を注ぐ、ある意味守りも攻めも兼任の部隊ですね。WEB広告の業界で創業8年(所属子会社です)はそれなりに歴史が長く、煩雑な業務フローの糸を解くような仕事を抱えていますが、その分やりがいはあります。1人では到底達成し得ませんし、メンバーひとりひとりが役割を持って取り組まないと糸は解けません。結果として何人何時間分の業務が浮いた、というように明確な数字に現されるので、達成感を持ちやすいのもやりがいに繋がっているのではないでしょうか。