クルーインタビュー

CREW INTERVIEW

若いうちからめちゃくちゃ頑張って、
世の中にインパクトを残したい

事業責任者

岡庭 嵩

「この人達を超えたい」と強く思った

僕は当時からどうせ一度きりの人生なら、若いうちからめちゃくちゃ頑張って新しい事業を素晴らしい仲間と共に創り、世の中にインパクトを残したいということを当時から強い思いとして持っています。その軸をもって就職活動をしていましたが、当社のクルーに会った時、自分想像を圧倒的に超えるチャレンジをしているクルーの方達と話す機会があり、「この人達すげー!!絶対超えたい!」と思ったことが入社の決め手です。学生時代に個人事業主としてお小遣い稼ぎをしていた経験があるのですが、1人でやることへの限界を感じましたし、何よりワクワクするものではありませんでした。幸いなことに内定者時代から新規事業に関わり続けることができております。現状に満足せず、モチベーションが高い方が集まる当社で、さらにもっとスゴイ事業の創出をし続けていきたいと思っています。

スゴイを創り続けること

”スゴイ”ってめちゃくちゃ好きな言葉なんですよね。本来なら何か比較対象があって、それを上回った時に初めて意味を成す言葉なので、”スゴイ”を創り続けるってずっと今を上回ってなくてはいけない状況じゃないですか。新規事業って、これまで当社になかったものを始めるわけですので、社内では前例もないですし、僕らも新規事業を開始するタイミングは比較的市場内でも前例がない状況からスタートするので、これから先に起きることはあくまで”予想”なんですよね。なので暗闇に向かって走り続けるようなものなのですが、少しずつ光が見えてきて、”スゴイ”を感じることができてきますし、もっともっと凄い”スゴイ”を創ってやろう!って気合が入ってワクワクするんです。

70億人というめちゃくちゃでかい市場で勝負!

僕は現在海外での広告事業とゲームパブリッシングの事業を通して様々な国の方々と仕事をしておりますが、様々なところで日本では通常起こりえぬことが平気で起きたりします。先入観、日本での常識を捨て、まっさらな状況からスタートだったのが現実でした。しかしだからと言ってあきらめるのではなく、自分が先頭に立って仲間と共に事業を創り、そして世界中の皆様へ”スゴイ”ってのを届けていきたいんですよね。日々悪戦苦闘しつつも様々起こりうる事態を仲間と共に解決しながら少しずつ前進を続けております。 日本の人口は1億人強、一方世界を目に向けると70億人がいます。想像もつかないマーケットの大きさでチャレンジし甲斐がある事業ですので、しっかりと結果を残して、さらなるスゴイを実現していきたいと思っています。