クルーインタビュー

CREW INTERVIEW

「カッコイイオトナ」であり続けたい、
という想いだけは常に忘れない

事業責任者

楓 博光

カッコイイオトナを増やす!

サポーターズは、「カッコイイオトナを増やす」ことをミッションとした学生向けキャリア支援サービスを運営しています。なんとなくオトナになり、なんとなく仕事をして、なんとなく生きる。通勤電車を見渡せば、周りはそんなオトナだらけ。こんなオトナたちが増えては、日本はヤバイ。そんな現状を打破すべく、「カッコイイオトナ」と会い、学生たちが「カッコイイオトナ」への第一歩を踏み出せる、そんなサービスを目指しています。現在WEBサービスと年間100イベントを運営し、 WEB✕リアルを事業の柱としています。

まずは僕らがカッコイイオトナであることが大切

まずは僕らが「カッコイイオトナ」であることを大切にして働いています。それは、生き方、働き方、考え方全てに共通しています。僕らが夢を追い続けること、交わした約束は必ず守ること、全力で仕事に取り組み、全力で楽しむこと。もちろん遊ぶときは全力で遊ぶこと。どれも当たり前のことですが、業務に追われ、数字に追われ、様々な困難や誘惑がある中で、「カッコイイオトナ」であり続けたい、という想いだけは常に忘れないようにしています。ただ、仕事柄学生さんとご飯を食べることが多く、最近太ってしまったので、そっちでもカッコイイオトナを目指さなければと思っています。苦笑

挑戦し続けて、得たチャンス

サポーターズは、社内の新規事業提案制度「EBI」から誕生した事業です。当時は採用担当をしていましたが、いつか自分で事業をやりたい、と何度も挑戦し、5度目の挑戦でやっと事業化にこぎつけました。WEBサービス事業が多いVOYAGE GROUPの中で、「人材」という全く未知の領域を、しかもコーポレート部門の人間が挑戦させてもらえることに自分自身驚きましたが、これもVOYAGE GROUP流の360°スゴイだと思っています。そして挑戦し続ければ、どこかで必ずチャンスはくる、そんなことを実感しています。