クルーインタビュー

CREW INTERVIEW

これまで
13個の新サービスを生み出してきた

ディレクター

武田 高宗

サービスを生み出し続ける

スマートフォンのウェブ・アプリサービスの企画・運営から私のVOYAGE GROUPでのキャリアはスタートし、これまで13個の新サービスを生み出してきました。ただ新サービスの立ち上げをするだけではなく、事業責任者として新部署の立ち上げも経験してきました。現在は「ECナビ」の会員獲得やアライアンスに携わっており、広告出稿して会員を集客したり、協業先と一緒にサービス企画を行っています。

仮説を立案し、細かく検証していくことが重要

私はECナビの「会員獲得」と「アライアンス」が主な業務です。10年以上も運営しているサービスの会員獲得に関しては、正直ハードルが高いと思っています。とはいえ、会員獲得も新規サービスの立ち上げも似ています。会員獲得の仮説を立案して細かく検証していくこと。これが大切です。アライアンスに関しては、パートナー企業と共同でおこなっているサービスを伸ばしていく。会員500万人いるからこそパートナー企業とも組んで頂けると思います。

チーム内のシンパシーが想像を超えた力になる

1人で仕事をやったほうが早いことは正直あります。でもこれはとても短期的な話です。中長期的には、1人でやるよりもチームで仕事をした方が早くなり、質も量もこなせるようになります。このような骨太のチームをつくることは、会社にとってもチームにとってもプラスに働きます。チームが同じ方向を向いていると、シンパシーが生まれます。特に指示をしなくても自走できる状態になり、自分が想像しないような企画や行動が生まれるのを感じれることが、チームで働く楽しみでもあります。