クルーインタビュー

CREW INTERVIEW

入社当時は、
タイピングもできないほどのIT音痴だった

コーポレート

江頭 令子

「人」と「働く環境」はどこにも負けないVOYAGE GROUPの強み

VOYAGE GROUPの「人」と「働く環境」はどこにも負けない強みであり魅力だと思います。エンジニアもプロデューサーも営業マンも、グループ内には様々な分野のスペシャリストがいて、皆子供のように目をキラキラ輝かせながら夢を語り、時には熱い議論を交わしながら仕事を楽しんでいます。そしてココには、挑戦したい、成長したいと思ったら、そのチャンスが無限大に転がっています。また、社内外の人とのコミュニケーションを図ることができるAJITOをはじめ、カルチャーを体現したオフィス環境や制度もとても充実していて、ひとつひとつの事業は異なっても、自身の成長とグループ全体の成長に一体感を感じることができます。

広報と兼務で子会社の取締役に抜擢!

ゼノシスの取締役として、初めて事業の立ち上げから当事者として携わったことで、事業部側の気持ちを実感することができ、多くの学びがありました。たとえば、ViTAKTサイトの画像が決まっただけで、プレスリリースを出したい衝動に駆られたり(笑)。でもその時、広報の視点を持つ自分が、冷静に適切な判断を下します。このバランス感覚を身につけられたことは、とても貴重な経験だと思います。一方、10年務めている広報としては、10年以上情熱を注ぎ続けられる1社に出会えたこと、そして全子会社の広報を兼務する中でも、大変さはもちろんありますが、各社のステージに合わせた広報フェーズを経験できることには、広報として本当に有難い環境だと思っています。

なりたい自分になるための挑戦

今は、広報として取締役として主婦として、さらに趣味の料理とフィールサイクルと、最高にハッピーな毎日を過ごしています。でも、入社当時は、PPTやExcelは使ったこともなく、タイピングもできないほどのIT音痴でした(笑)。不安しかないスタートでしたが「習うより慣れろ」「継続は力なり」をモットーに、何でもとにかくやり続けてみた結果、IT業界で全グループ会社の広報として、また事業を担う取締役として、多くのチャンスを掴むことができました。今、最高にハッピーといえる自分になれたのも、できるできないではなく、とにかく何でもやってみたこと。そして、情報収集するだけではなく自ら発信もすることで、新たな人や物事、ライフワークとの出会いや発見につながり、好循環を生み出すきっかけになったからだと思っています。