クルーインタビュー

CREW INTERVIEW

大規模のトラフィックを安定して捌く事が
エンジニアとしての醍醐味

エンジニア

粟飯島 勝明

「一緒に仕事をしたい人たちが居る」が決め手

転職活動はしていたものの、どうにもコレジャナイという印象を受ける事が多く、さてどうしたものか、と悩んでいた際にある人の紹介で VOYAGE GROUP の CTO と会う。そこでの CTO との会話における空気感に他の会社とは違うものを感じ、面接を希望。広告配信開発のリーダー的存在であるY・S氏と話をしたところで、「ここで働きたい」と意思を固めたのかなと。もちろん広告配信というインフラエンジニアとして挑戦しがいのある仕事ということもあるものの、「一緒に仕事をしたい人たちが居る」が決め手でした。現在も日々まわりのエンジニアから良い影響を受けつつ、自らも何かしら影響を与える事ができるよう頑張っています。(ちなみに某Y・S氏とは夜毎格ゲーで殴りあってます)

大規模のトラフィックを捌くということ

日本最大級と言われる SSP を稼働させるネットワーク、サーバの運用をしているため、[トラブルを起こさない] ではなく [トラブルが起きても影響が小さくなるように] を常に意識はしています。障害は必ず起こります、0にはできません。であればその影響を可能な限り低くする事が重要です、とはいえコストを無尽蔵に投入できるわけでもありません。そこをアイデアや技術で解決し、大規模のトラフィックを安定して捌く事がエンジニアとしての醍醐味でしょうか。もちろんトラフィックが伸びる夜間に安心して AJITO でお酒を飲むためでもあります。

ajitingってなに?

ajiting is 何?と言われると悩ましいです。これは体験するのが一番だと思います。技術交流会も定期的に開催されていますし、是非 AJITO へいらしてください。お酒飲みながら語り合いましょう。