クルーインタビュー

CREW INTERVIEW

これからはチームだけではなく
組織や事業に積極的に携わっていきたい

コンサルタント

齊藤 萌子

こうありたい自分とのギャップを感じ転職に踏み切った

私は第二新卒としてVGに入社してきました!新卒では化粧品のOEMメーカーで営業職として務めていましたが、環境のせいにして毎日を過ごしていることや、こうありたい自分とのギャップに違和感を覚えて転職を決意しました。営業として自社商品で何を売ろうが、やるべきことはどこに居ても変わらないと思っていたので、転職先を決めるポイントして「仕事をする上での環境」と「会社の雰囲気が自分にあっているか」を重点に探した末、VGと出会うことができました。VGが掲げているCREEDの中でも「仲間と事を成す」「すべてに楽しさを」は、私がこれまでの人生で意識していたこととまさに同じで、この理念が実際に体現されている会社なのであれば、騙されたと思って(笑)働いてみる価値はあると思い入社しました。VGは、意欲的な者には責任を与えるチャンスをくれますし、努力する人にはしっかりと評価をしてくれます。これは面接時のイメージと今も変わりません。

ただ売るのではなく、常にパートナーのことを考える

現在は株式会社fluctで広告収益を中心としたメディアの営業コンサルティングをしています。前職の「THE営業」とは異なり自社商品をただ売る仕事が正とは限らず、パートナーのために今何が必要なのかを考え、その最適な道筋の間でfluctとして何を提案できるかを日々試行錯誤しております。直近の収益を伸ばしてあげることはとても簡単ですが、パートナーを大事にしたいからこそ故に、いろいろなプレーヤーの視点でコンサルティングすることが最終的なメディアの成長に繋がりますし、最も重要だと思っています。

部活のように仲間と一緒に感動したい

入社してから2年半が経ちますが、ようやくチームをもつようになりました。入社当時は異業種からの転職だったので、一人で悩むことも多く自分の心の壁を突破することに苦労したことを思い出します。ただ私がこの会社の面接を受けるときにずっと言っていた「部活がしたい(仲間と一緒に感動したい)」って気持ちは今も変わりません。ただの営業プレーヤーとしてだけでなく、人を巻き込むことや人に影響を与えること、これが自分のモットーだと捉えています。これからは、チームだけではなく組織や事業に積極的に携わりたいと思いますし、そういう仲間をどんどん作っていきたいです。